フケをなくす方法

ストレスとフケの関係

ストレス社会と揶揄されることも多い、現代日本。普通に生きているだけのつもりでも、大きなストレスを抱えて煮詰まっている人がたくさんいるといわれています。友人関係、家族関係、お金のこと、仕事のこと、将来のこと、災害のこと・・・・・・現代社会に生きている限り不安はつきることがなく、ストレスも溜まっていく一方なのです。

 

ストレスは、肌の状態や内臓の調子などにも大きな影響を与えて、あらゆる病気を引き寄せる原因になるとも言われていますから、健康に生きたいのであれば、自分なりのストレス解消法を見つけておくことが肝心だといえるでしょう。多くの人を悩ませている頭皮のフケの発生も、このストレスが深く関与しているといわれています。

 

ストレスが直接フケを発生させるわけではありませんが、ストレスがたまると睡眠が不足し、頭皮の皮脂分泌が過剰になってフケを生み出すことが多くあるそうです。また、ストレスによってアルコールの摂取量が増えるなど、食生活のバランスが乱れてしまうことでも、頭皮の油分・水分の割合が崩れ、フケが発生することに。さらに、ストレスは免疫力や抵抗力を低下させてしまうもの。免疫力や抵抗力が低下すると、細菌の活動が活発になってしまうので、フケが出やすくなるのです。

 

フケの原因とは?

フケとは頭皮細胞がだいたい28日のサイクルで頭皮の角質が はがれたものです。ただ、健康なフケは実は目に見えないくらいの小さなものなので気がつかないのが普通なのです。これが、気になるくらいのフケとなうと少々問題があります。

 

フケが出る原因はいくつかあります。もっとも多いのは、頭皮が乾燥して、角質からはがれたものではないでしょうか。つまり、頭皮がうるおっている状況では、このようなフケは 出にくいものです。このようなフケの出る人は・・・ 頭皮の乾燥(保湿力を失った状態)が原因で、特に冬多く見られます。乾燥には充分注意が必要です。

 

また、使用しているシャンプーに原因がある場合もあるのです。  コレは、頭皮がそんなに脂っぽくない人に言えるのですが、 そんなに脂っぽくない人が洗浄力の強いシャンプーを使うと、 頭皮の水分・脂分をとりすぎてしまい結果頭皮がかさかさになってしまいます。  ですが、かさかさになってもあまり自覚症状がないので気がつかない場合もあるのです。

 

そして、洗い方にも問題があります。強く洗いすぎて頭皮に爪を立てて、ゴシゴシシャンプーする人、お湯をかけていきなり乾いた髪に シャンプーする人は頑固な脂汚れは落ちません。それどころか、乱暴に洗うことによって頭皮を傷つけてしまう場合があります。頭皮の汚れを落とすのに ゴシゴシ強く洗う必要はありません。むしろ、なでさするように時間をかけてもみ洗いをしてください。

 

洗髪時のすすぎが悪いと地肌にべたつく脂っぽいフケが出やすくなります。この様なフケは3、4日に1度の割合でしか洗髪していない人に多く
これは、皮脂の大量分泌によって、通常自然にはがれてゆくフケが、 はがれることができずに蓄積してしまったものと思われます。

 

頭皮の皮脂を綺麗に洗い流すことで、ずいぶんフケの出が違いますし、食事を質素にすればまた全然違ってきますので生活を見直すのも良いかも知れません。

 

刺激の強いシャンプーから頭皮に優しいアミノ酸系シャンプーに変えただけでフケが治る場合もあります。価格的には高くなりますが、臭いケア、抜け毛ケアなども同時に出来るので20代、30代でもおすすめです。詳しくはTOPページで確認できます。

フケをなくす方法

 

 

 

※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます