フケをなくす方法

フケの対策法

フケの予防法としては、もっとも大切なのが頭皮を清潔に保つことです。

 

ですが、髪を洗いすぎることも頭皮が必要としている皮脂まで奪い去ってしまうので、皮膚の保護機能が低下してしまい、逆効果になることもあります。シャンプーの回数が多くなり過ぎてしまい頭皮が傷つき炎症を起こしフケが目立つようになってしまうこともあるのです。

 

まず、シャンプーを正しくする事が大切になります。

  • 頭皮を爪を立てたりせずにやさしくそしてしっかり洗うこと。
  • 余分な皮脂やフケはもちろん、ヘアワックスなどもしっかり落とす事。
  • 髪を流す時は洗浄成分や油性成分などを地肌や髪に残さないように、十分すぎるほどよくすすぐ事が大切です。 
  • この時も爪を立てたりすること無く優しく流す事が大切です。 

 

ベタベタした脂性のフケの場合は、必ず1日1回シャンプーをする事でとにかく余分な皮脂を頭皮に残さないようにする事が大切です。

 

カサカサタイプの乾燥性のフケの場合は、最低でも2日に1回シャンプーをするようにして、低刺激のシャンプーですこしぬるめのお湯ですすぐと良いようです。頭皮を保湿するのに椿油やホホバオイルなどの天然オイルを使用するのも効果があるようです。

 

 

管理人のフケ対策方法

私の場合もシャンプーを代えただけでフケが減りました。
仕事柄スーツを着るのですが、紺や黒系のスーツをきるとかなり目立ちました。また、季節によっては髪をとかすだけでフケが飛ぶような時もあり、家族から汚いもの扱いされていた時期もありました。

 

家族も心配して様々なシャンプーを使いました。ネットで人気の売れ筋シャンプーもあれこれ使いましたが、しっくりくるシャンプーがなかなか見つかりませんでした。が、妻が使っているシャンプーの薄毛、抜け毛用を使ってみました。M字ハゲも気になっていましたので・・・・
そのシャンプーが私にはピッタリ合ったようで、2,3日でフケが減り、今ではフケも気にならないまでになりました。以来、そのシャンプーを使い続けています。正直、価格は高めですが、私は短髪で、一人で使っているので1本で2ヶ月ほど持ちます。ですから、バカ高いという金額ではないです。

 

↓↓ 公式サイトはこちら ↓↓

頭皮の乾燥とフケの関係

フケが出来る原因は大きく分けると、乾燥によるものと皮脂によるものの二種類があるとされています。
肌が乾燥するとかゆくなり、白い粉のようなものが出たりします。これは肌のターンオーバーによるもので、新しい細胞がつくられるので古い角質が剥がれていく状態なのです。

 

通常なら、肌のターンオーバーは、古くなった角質が目に見えない状態で剥がれ落ちるものなのです。けれど、水分量が少ないと表面の角質が乾燥しているので、必要な角質や皮脂までも剥がれてしまうのです。これが、乾燥によるフケの原因なのです。乾燥には、まず頭皮にうるおいを与えることがもっとも大切な事です。そこで、トリートメントやヘアクリームなどで油分を補給することをお勧めします。乾燥肌の人は皮脂の分泌量が少なく、肌の保護作用を持つ皮脂膜が薄いため、肌が敏感な人に多いといわれます。

 

さらに、フケや頭皮のかゆみ原因として、シャンプーなどの洗髪料や化粧品が肌に合わず、それが原因となっている場合もあるようです。シャンプーも洗浄力の強いものを使うと頭皮に必要な脂分をも流してしまう事になって乾燥を悪化させてしまう結果になりますので自分の頭皮にあったものを探して私用する事が大切なようです。

 

刺激の強いシャンプーから頭皮に優しいアミノ酸系シャンプーに変えただけでフケが治る場合もあります。価格的には高くなりますが、臭いケア、抜け毛ケアなども同時に出来るので20代、30代でもおすすめです。詳しくはTOPページで確認できます。

フケをなくす方法

 

 

 

※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます