頭皮 乾燥

頭皮の乾燥とフケの関係

毎日しっかりとシャンプーをしていても、落ちてきてしまうフケ。その正体は、古くなった頭皮の角質ですから、新陳代謝がしっかり行われている証と思って本来ならあまり気にする必要はありません。しかし、濃い色の服を着ていると、肩や背中に白くつもって目立ってしまうこともありますし、過剰なフケは頭皮のトラブルのサインであったりもします。もしも自分のフケが人より多いような気がしたら、何らかの対策をとる必要があるでしょう。

 

過度のフケの原因として、一番に考えられるのは、頭皮の乾燥です。頭皮が乾燥してしまえば、ぼろぼろとその表面の皮(角質)が剥がれ落ちてしまうのも当然と考えられるでしょう。ですから、頭皮の潤いを守るような手入れを続ければ、フケもそれほど目立たなくなっていきますよ。頭皮の乾燥を招くのは、ゴシゴシ洗い、洗浄力の高すぎるシャンプー、睡眠不足、ダイエットによる脂抜きの食生活などなど。特に、洗髪は重要で、フケを気にするあまり朝晩二回も髪を洗ったり、脱脂力の強いシャンプー剤を選ぶ人がいるようですが、そういった行為や商品は、いたずらに頭皮を刺激して乾燥を招くもととなりますので避けましょう。

乾燥肌とフケの関係

不潔の代名詞のように言われることも多い、フケという存在。毎日シャンプーしていても出ることがある上、制服やスーツなど、濃い色の服を着ていると肩に白くつもって目立ちやすいという困り者です。その正体は、古くなった頭皮の角質なので、頭皮のターンオーバーが正常に保たれるよう心がけ、油分を適度に取り除き、水分をしっかり保持させるといった、顔の肌同様のスキンケアで、改善と対策をとる必要があります。乾燥肌の自覚がある人は、特に注意が必要です。

 

顔の肌が、乾燥しすぎるとぽろぽろ角質を落とすようになるのと同様、頭皮も、乾燥しすぎると必要以上に角質を落としてフケを発生させることになります。頭皮もまた、顔やおなか、足などの皮膚と地続きになっていますから、全身の肌が乾燥していると感じているのであれば、目に付かない頭皮の乾燥も意識してみてください。洗浄力の弱い、アミノ酸などを主成分としたシャンプーを用いたり、指の腹で優しくもみほぐすような洗髪の仕方を意識したりすることが肝心です。また、生の水を多く飲む、適度に油分を含む食事をするなど、体内から潤いを補給することでもフケは改善されていきます。

頭皮の匂いとフケの関係

頭皮の臭いの原因は大きく分けると2つに分けることができます。まず一つ目が、皮膚の炎症によって起こる頭皮の臭いです。
頭皮が炎症することによりかゆみが起こり、頭皮で乾燥や湿疹が発生してフケがが発生します。しかしフケ自体は無臭なのです。ですが、このフケが雑菌のエサになり、有害な菌やカビが増えてきて頭皮の臭いの原因になるのです。
またフケが大量に発生することにより、頭皮からの油、つまり皮脂の分泌が活発になり臭いの原因になるのです。食用の油も古くなれば嫌な臭いがするのと同じで、頭皮の皮脂油も、酸化によって臭いが強くるなると言う事です。更に、その皮脂までもが雑菌のエサになり、頭皮の臭いを更にひどくさせると考えられます。

 

いずれも頭皮の新陳代謝が正常でないことが原因です。頭皮のターンオーバーを正常に戻す事で、バランスのよい頭皮にすることが出来るのです。また、大量の皮脂分泌が原因であったり湿った状態のフケが出る悩みを持つ人は、皮脂腺の分泌を改善する必要があります。対策の一つとして、食事に気をつけることがあげられます。和食を心がて甘いものや油もの、刺激物などの酸性食品は、できるだけ控える様にすると良いでしょう。また良く噛むことがとても大切です。食べものを良く噛むことで頭皮の血行が良くなるので、正常な新陳代謝になるのです。

 

刺激の強いシャンプーから頭皮に優しいアミノ酸系シャンプーに変えただけでフケが治る場合もあります。価格的には高くなりますが、臭いケア、抜け毛ケアなども同時に出来るので20代、30代でもおすすめです。詳しくはTOPページで確認できます。

フケをなくす方法

 

 

 

※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます