フケ症とは

フケ症とは?

不潔性の代名詞のように使われることも多い、フケ。古くなった頭皮の角質が、垢となって剥がれ落ちたものがその正体です。生きている限り、人間なら誰しも新陳代謝を繰り返しますから、古くなった角質が剥がれ落ちていくのは当然のこと。ですから、フケだって誰にでも起こる症状ではあるのですが、頭皮を不潔にしていたり、不健康な状態のままでほうっておいたりすると、より目立つようになるといわれています。そうして過剰にフケが目立つような症状にある人のことを、フケ症と呼ぶことがあります。フケ症には、主に二つの種類があります。一つは、頭皮が乾燥しすぎているタイプのフケ症です。脱脂力の強いシャンプーを朝晩使用していたり、フケを気にして頭皮をゴシゴシ洗いすぎている人によく見られるこの症状は、シャンプーの仕方を優しくし、シャンプー自体を合成界面活性剤などではなくアミノ酸系のものに変えるなどすることで、改善をはかることができます。もう一つは、真逆で、頭皮がアブラっぽすぎるタイプのフケ症です。肩にフケがぽろぽろ落ちてきて積もる、というよりは、髪の毛全体にフケが絡まっているような症状がこれです。改善のためには、頭皮をしっかりと洗って清潔にすることが求められます。

フケをなくす方法

濃い色の服を着ていたりすると、肩につもって白く目立ってしまうフケ。自分にとっても、他人にとっても不潔で不快な思いをさせてしまうこのフケですが、毎日一生懸命シャンプーしていても出てしまったりして、多くの人を悩ませています。そんな嫌なフケをなくすためには、髪を洗うときに、いくつか工夫をしてみると良いでしょう。たとえば、目の粗いブラシの使用。髪を洗う前に、まずは髪のもつれなどを目の粗いブラシでよくほぐしておくようにしましょう。髪や頭皮の汚れが落ちやすくなり、頭皮のいたみも軽減されるので、フケの発生を抑えることができます。目の粗いブラシは、洗髪の最中の使用にも最適です。指で洗う代わりに目の粗いブラシで頭皮を洗えば、皮脂をしっかりと落とすことができるのでフケが気にならなくなるでしょう。ただしそのときに使うブラシは、毛が柔らかく、いたずらに頭皮を刺激しないものがベストです。頭皮ブラシといったものが市販されているので購入してみては。作業用の軍手を手にはめて頭皮をマッサージしながら洗うのも効果的です。綿100%のものをえらべば、脂汚れがしっかり取り除かれますよ。

アレルギー性のフケ症

一般的にふけ症とは、頭皮にかゆみを伴い皮膚炎が生じ、慢性化した状態の事をいいます。
色は、白色または灰色のふけが頭部の一部や全体にみられ、爪でかいたりクシで髪をとかしたりするとはがれ落ちます。「頭部粃糠疹(とうぶひこうしん)」とも呼ばれ、この症状に加えて脱毛を伴う場合には「粃糠性脱毛症(ひこうせいだつもうしょう」と呼ばれています。

 

また、ふけ症とは、脂漏性皮膚炎の一種なのですが男性ホルモンであるアンドロゲンの影響が考えられています。近年ではマラセチアというカビによるアレルギー反応という節が有力とされています。

 

ふけ症で一番多いのが脂漏性皮膚炎の軽症型なんだそうです。この「脂漏」と言うのはは皮脂の分泌が多い事を意味します。脂漏の特徴を持つ部位である頭、みけん、鼻の両側、耳などの皮膚が赤くなり、頭からは脂っぽいふけがたくさん出る皮膚病の一種です。
ところが軽症だと赤くならずにふけだけが出るという事のようです。アレルギーという場合もあります。

 

刺激の強いシャンプーから頭皮に優しいアミノ酸系シャンプーに変えただけでフケが治る場合もあります。価格的には高くなりますが、臭いケア、抜け毛ケアなども同時に出来るので20代、30代でもおすすめです。詳しくはTOPページで確認できます。

フケをなくす方法

 

 

 

 

※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます