フケ 種類

フケの種類

気がつくと、肩に白くつもっていたりするフケ。不潔の代名詞のように扱われることも多いこの存在は、多くの人を悩ませています。フケの正体は、古くなった頭皮の角質ですから、剥がれ落ちること自体は決しておかしなことではないのですが、それが過剰になると、やはり頭皮のトラブルととらえられ、治療や対策が必要になってくるようです。フケには二つの種類があり、その種類によって、原因も対策も異なってきます。フケの種類の一つは、乾燥によるフケです。フケを気にするあまり熱心にシャンプーをしてしまったり、脱脂力の強い洗浄剤をつかっていると、頭皮が乾燥し、角質の剥がれ落ちが酷くなってしまって、多量のフケを発生させることに。この事態をさけるには、頭皮に優しい洗浄成分を使って、指の腹で優しくていねいに洗髪するのが一番の方法となります。もう一つのフケの種類は、脂によるものです。前者とは逆に、頭皮の洗浄が足りなくて、余分な脂が頭皮に残ってしまっている場合に発生してしまうフケがこれ。髪の毛にべったりと絡み付いているような症状が特徴的です。改善と対策のためには、常に頭皮を清潔に洗浄しておくことが求められます。

大きいフケの原因

一口にフケといっても、そこには真逆の性質をもつ、二つの種類が存在しています。一つは乾燥によって発生するフケで、白くサラサラと肩などに降り積もるタイプのもの。

もう一つは皮脂によって発生するフケで、黄色っぽく湿っていて、髪の毛に絡まりつくように発生するといわれています。前者が細かく小さなフケであるのに対し、後者は大きく固まりになっていて、より目立ちやすいといえます。このタイプのフケが出る人の頭皮は、皮脂分泌が活発すぎることが多く、フケが発生するだけでなく髪の毛全体がぺたっとしていることが多いのが特徴です。頭皮は、全身の中でも一、ニを争うほど皮脂分泌が活発な部分なので、まめにスキンケアをしていないと、あっという間にベタベタになってしまいます。しかもその油分が、さまざまな細菌や埃と混ざり合ったり、紫外線をあびたりすると、頭皮で化学変化が起こり、ニオイやかゆみが生まれます。そしてそんな状態を改善させようと、頭皮の自浄作用がすすんでターンオーバーが早まると、角質細胞がごっそりフケとなって肌表面に浮き出てくることになるのです。これを改善するためには、とにかく頭皮の脂を抑え、清潔に保つことが一番です。

細かいフケと大きなフケの違い

不潔の代名詞のように扱われることもあって、多くの人を悩ませているフケ。しかし、その正体は、古くなった頭皮の角質です。正常な人間であれば誰でも新陳代謝を繰り返していますから、古くなった角質が剥がれ落ちていくのは当然。フケが発生するのだって特別おかしなことではないのです。ただし、何らかの頭皮トラブルが原因で、このフケが人より多く、目立ってしまうという人がいるのもまた確かです。一般的なフケは、ほとんど目に見えないくらいのサラサラと細かいものなのですが、頭皮のトラブルによって発生するフケは、白く目立つのが特徴です。たとえば、頭皮が乾燥しているときは、乾いていて白く、細かいのですが少し大きめなフケが発生します。肩などにつもって目立つのが、このタイプのフケです。優しい洗浄剤を使って頭皮を刺激しない洗髪を心がけると、改善していきます。一方、頭皮があぶらっこいときには、べたついて黄色く、大きなフケが発生します。このフケは下に落ちていくというよりは、髪の毛に絡みつくように発生している場合が多くなっています。固まりのようなこのフケは、頭皮を清潔にたもち、細菌の働きを抑えることで改善されていきます。

 

刺激の強いシャンプーから頭皮に優しいアミノ酸系シャンプーに変えただけでフケが治る場合もあります。価格的には高くなりますが、臭いケア、抜け毛ケアなども同時に出来るので20代、30代でもおすすめです。詳しくはTOPページで確認できます。

フケをなくす方法

 

 

 

 

※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます