フケ 原因

フケの原因

フケとは簡単に説明すると頭皮の垢です。この垢とは、頭皮の古い角質がはがれたものなのです。
フケには大きく分けると2種類あります。乾燥性のフケと脂性のフケに分けられますが、この原因は別々なのです。

 

どちらもシャンプーを変えることで頭皮環境が良くなり治ることも多いです。
私もシャンプーを変えただけでフケが激減しました。

 

そしてフケだけではなくよく頭皮を掻いていた記憶があります。我慢できないほどではないけど、いつも痒みがあったのかな?とは思います。ですから、よく頭を掻いていましたね。今思えば、フケが激減するのと同時に、頭を掻くこともなくなりましたね。

 

 

 

乾燥性のフケの原因

乾燥性のフケの直接の原因は、頭皮の乾燥からです。頭皮が乾燥して皮膚がはがれた結果、頭皮が荒れ、荒れた頭皮がかゆみを伴うのです。頭皮の乾燥の原因は、水分量の不足からなのですがコレは頭皮に限らず皮膚は皮脂によって覆われていて、皮脂が肌の水分の蒸発を防ぎ蓋の役割をしています。皮脂が不足すると、この蓋がなくなると言う事になりその結果水分が蒸発して頭皮が乾燥してしまうのです。この皮脂が不足する原因も2種類に分類されて皮脂の分泌量がそもそも足りない場合と皮脂の分泌量は普通なのに洗いすぎで除去しすぎてしまう場合があります。

 

 

脂性フケの原因

脂性フケの原因はマラセチアという菌が大量に活動しているのが原因です。この、マラセチア菌がいなくなれば、脂性のフケになることはありません。このマラセチア菌とはもともと人の頭皮にいる常在菌なのですが、脂分を栄養とするため汗や皮脂が増えるとそれだけマラセチア菌が増えて脂性フケになってしまうのです。また、マラセチア菌は詳しくは11種類の菌の総称なのである菌が原因と考えていたら別の菌が原因だった等と言うこともあり、治療が難しいようです。

 

 

 

家族で使える頭皮に優しいシャンプーでフケが減った

フケが多くて困っていた時に使ってみたのがオーセル澡シャンプーでした。劇的にフケが減り、以来このシャンプーを3年以上も使い続けています。
オーセル澡シャンプーレビューはこちら

 

おススメはオーセルの澡(sou)シャンプーです。
抜け毛や薄毛のためのシャンプーですので刺激が少なく頭皮に優しいシャンプーです。

 

天然由来成分を47種類配合した無添加シャンプーです。47種類の中には、タケのミネラル水や、皮膚ダニを駆除できると言い防腐効果もあるゲットウ、アロマの香りにするためのイランイラン油、頭皮に適度な刺激を与える山椒など自然の成分を配合して作られています。

 

頭皮に優しいシャンプーなので子供でも使えます。
特にフケに悩む子供には一度試して欲しいシャンプーです。

 

使ってみるとわかりますが、泡立ちも良いので一度に使うシャンプーの量も少なくて大丈夫ですので想像以上に経済的です。フケが多くて困っていましたが、今では冬場も花粉の時期もフケが出て困ることが無くなりました。もちろん、全くフケが出なくなったのではなく、普通の人と同じ状態となったというだけです。

 

 

 

管理人のオーセル澡シャンプーレビューはこちら

子どものフケの原因

子供のふけの原因として、もっとも多く上げられるのがシャンプーが合っていないことです。
赤ちゃんの頃は肌に優しいベビーシャンプーを使用していた方が殆どだと思いますが、少し大きくなってくると、子供でも大人用のシャンプーを使っているという家庭も多いのではないでしょうか。

でも、やはり子供の頭皮は大人とは違います。大人と同じシャンプーでは、洗浄力が強すぎてしまったり、頭皮に必要な皮脂まで奪い去ってしまう恐れがあるのです。その結果、頭皮が乾燥し、フケが多くなるという可能性が高くなってしまうのです。子供には、子供の頭皮に合う、刺激の少ないシャンプーを選ぶと改善されるかも知れません。

 

また、シャンプーを替えるなどしてもふけの量が減らない場合は、脂漏性皮膚炎という頭皮湿疹の初期症状である場合もあります。頭皮湿疹の場合は、治療が必要ですので早めに病院に行かれた方が良いでしょう。

 

そして、脂漏性皮膚炎の原因の一つにビタミン不足が挙げられています。食べ物の好き嫌いの多い子供の場合、野菜不足がだったりが多いので、調理法を工夫するなどしてなるべく食事からビタミンを摂取できる事が望ましいです。脂漏性皮膚炎は、かゆみを伴うことが多いので、爪で引っ掻いて頭皮を傷付けてしまう事があるので爪を短く切る事も大切です。改善されるまで頭皮を清潔にしやすいよう、髪は短めにしたほうが良いでしょう。

赤ちゃんのフケの原因

赤ちゃんのにフケが出るととても心配になります。
このフケの正体は何が原因で起こるのか・・・

 

赤ちゃんのフケはフケと言うより乳児性湿疹と考える人が多いようです。

そもそも、湿疹とは皮膚炎で皮膚に起こる炎症すべてを指しています。このことから、乳児湿疹とは赤ちゃんの肌の状態異常全般を指しています。

 

乳児湿疹の症状も2大きく分けると2種類で脂性と乾燥性に分けられます。脂性でも、乳児脂漏性湿疹、新生児ざそうの2つに分けられていて症状としては、乳児脂漏性湿疹は生後すぐから6ヶ月くらいまでの赤ちゃんに起こりやすいもので頭皮以外にもおでこや鼻の周り耳、眉毛などの顔全体時には股など汗をかきやすい箇所にできやすい湿疹です。
頭皮のフケは湿ったフケだけでなく乾燥しているフケもあり、酷い場合は膿のようなリンパの固まりやかさぶたになることがあります。新生児ざそうも汗が原因で起こります。汗が頭皮や肌の毛穴につまり炎症を起したものの事をさします。

 

乾燥性では、皮脂欠乏・、乾燥性湿疹と乳児乾燥性湿疹と言われるものに分けられます。症状はどちらも生後6ヶ月以降の赤ちゃんから小学校低学年くらいまでに起こりやすい皮膚、頭皮がカサカサの状態になり、頭皮が剥がれ落ちたりひび割れ状態になる状態の事です。原因は乾燥で、フケもカサカサしています。発生箇所が頭皮の場合いわゆる乾燥性フケの赤ちゃん版といわれるようです。
この他、アトピー性皮膚炎も皮膚の乾燥の乾燥が原因のため乳児性湿疹と見分けがつきにくいとされています。

子どものフケと大人のフケは違うのか?

大人のフケには大きくわけて2種類に分けられます。そのが、脂漏性フケと乾燥性フケになります。
そして、子供のフケも大人のフケと同じく、乾燥性のフケ脂漏性フケに分けられるようですが乾燥性はほぼ同じなのに対し脂漏性フケは大人の場合と少し違うようです。

 

子供の脂漏性フケのは、原因が大人用の刺激が強いシャンプーを使うことで、フケが出ていることが多いようです。ある程度大きくなると子供用ではなく大人と同じシャンプーを使っているご家庭も多くなると思いますが、お子様の肌に合った刺激の弱いものに変える事で、フケが改善される事が多いようです。
また、そのほかで子供のフケが出る原因には、皮膚の病気であることが多いようです。例えば、アトピー性皮膚炎などでアトピーが頭皮に出ている場合も、フケの原因になることがあるのです。

 

そして、子供の場合多くの原因が体質的な要因から起こっている場合が多いです。子供は、大人と違い、運動もたくさんしますし、汗もたくさん掻きます。頭皮が不潔になっていきますので汗を掻いたらお風呂やシャワーをしてよく洗髪することで改善されていきます。そしてその後、大事なのは洗髪をしたあとはよくすすぐことです。シャンプーやリンスが頭皮に残ることでフケの原因につながってしまいます。丁寧にきれいに洗い流すよう注意しましょう。

 

刺激の強いシャンプーから頭皮に優しいアミノ酸系シャンプーに変えただけでフケが治る場合もあります。価格的には高くなりますが、臭いケア、抜け毛ケアなども同時に出来るので20代、30代でもおすすめです。詳しくはTOPページで確認できます。

フケをなくす方法

 

 

 

 

 

※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます