フケとは

フケとは?

ふけとは、簡単に説明すると、「垢」のことです。古くなって不要となった角質が剥がれ落ちるものの事なのです。
人間は常に新陳代謝を繰り返し繰り返し生きているので、古い角質、つまりふけが発生するのは当たり前のことなのです。でも、垢ですから頭皮を洗わずに不潔にしていると目立つのも当然です。このことから、ふけは不潔の代名詞のようなものになってしまっているのです。

 

そして、ふけは大きく分けると二つのタイプになります。

一つは、乾燥しているふけでパラパラと落ちるタイプのフケです。
これは、不潔とい言うより、頭皮を清潔に保とうと、洗いすぎている可能性があります。洗いすぎるあまり、必要な皮脂まで取り除いてしまた結果現れる現象といえます。乾燥肌の方は頭皮を優しくマッサージするような感じでシャンプーをしてみてください。対策としては、使用するシャンプーは石油由来の洗浄剤でなく、アミノ酸系など、頭皮に優しいと謳われているものを選ぶ事がおすすめです。

 

そしてもう一つのタイプが脂っぽいふけです。
髪の毛にフケが絡まっているような人はこの脂っぽいフケのタイプです。頭皮の皮脂が多いことが原因として考えられます。ふけ用シャンプーで頭皮を清潔に保つ事が重要になります。

 

また他の原因として、頭皮湿疹である脂漏性皮膚炎の初期症状という可能性もあります。脂漏性皮膚炎はひどくなると膿が出てそれがかさぶたになり、頭皮にかさぶたの塊がいくつも出来てしまい、治りにくくなってしまう事があるので早めのケアが大切です。

フケが大量にでる理由

フケが大量にでる原因は、髪の毛をシャンプーした時のすすぎ不足が一番多い原因、理由である事が多いようです。

 

また、それ以前に、刺激の強いシャンプーも避けたほうが良いと言われています。なぜなら、頭皮の角質は、大体1ヶ月くらいかけてターンオーバーをして古い皮膚がはがれて、新しい角質と入れ替わっています。この入れ替わりが速過ぎる場合もフケが出る原因となっているからです。

 

頭皮には、フケの原因となる菌(癜風菌)が元々います。このフケの原因菌は、皮脂を栄養源にしているそうです。このフケ原因菌が増えすぎてしまうと、皮膚の入れ替わりの速度も速くなり、フケが出る原因となります。皮脂をしっかりと落とすには、洗浄ブラシなどを使うのも効果的です。自分で出来る頭皮ケア、フケ予防としては、一番がシャンプーです。しっかりとシャンプーをすることで、頭皮ケアをすることができます。自分に合うシャンプーで丁寧に洗い、すすぎもしっかりする事でふけの量はおのずと減ってくると考えられます。

 

刺激の強いシャンプーから頭皮に優しいアミノ酸系シャンプーに変えただけでフケが治る場合もあります。価格的には高くなりますが、臭いケア、抜け毛ケアなども同時に出来るので20代、30代でもおすすめです。詳しくはTOPページで確認できます。

フケをなくす方法

 

 

※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます